年金 nennkinn

年金.net  
 www.nennkinn.net
   当サイトはリンクフリーです。
自由にリンクを貼ってください。
   

年金 NENNKINN

 
 224×33サイズ バナー1
 年金のことなら
  
  年金.net情報源 年金の免除の方法 年金の未納はダメ!  
 


 
 

年金は、40年掛けても
年間300万円受給できれば万々歳か!?


年金は義務なので原則掛けなければいけない。

現在は、若い人が払った年金保険料を年金受給者に支給する形をとっているが、
高齢化が進めば進むほど今の制度では上手く回らない。

 
自分だけの事を考えれば、25年加入~ 受給資格が得られ、40年で満額受給の資格を得る。


年金は25年以上は掛けて受給資格をゲットしよう!

出来れば、40年間掛けて満額受給を当然の前提と考えればいいのではないか?
 年金のことなら 年金.net 知ればしるほど、よい制度
       

年金制度は難しくて理解できない。」と、思っている人が多いのではないかと思います。しかし、全てを知らなくても、基本的な部分を知っておくだけで、年金の不安は解消されると思います。将来、年金を受給するには最低25年以上加入しなければなりませんが、ドイツでは最低5年、イタリアも5年、イギリスでは男性11年・女性9.75年と少ない年数で最低受給年数を満たすことができます。 

しかし日本で年金をもらうには、とにも・かくにも25年以上、国民年金厚生年金共済年金をかけることが必要であり、とにかく今のところ25年以上掛けないと年金はもらえない。普通に会社勤めしていれば、毎月厚生年金保健料が給料から引かれるので、何も考えなくても25年掛けることは難しいことではないと思いますが、自営業者・フリーターの方などは、納めないで「未納」のままにしている人も多いのではないでしょうか。

しかし、フリーター・自営業者・の方たちは国民年金保険料を払わなくてはいけません。国民の義務とされていますから。結局、払わなければもらえないのだから、後になって文句を言っても仕方がない。微々たるものだと言う人もいますが受給できれば嬉しいでしょう。しかし、国民年金の場合は、40年掛けてももらえる額は、年間80万円ほど。これで生活してくのは無理というもの。

 
   
 
しかし、もともとは公的年金ですべてのひとの「最低生活保障」がされる、というのが基本ですよね。それが大前提としてあって、第二・第三のプラスアルファがある、というのが正当な理屈のようだが、やはり憲法も人間が作ったものだから完璧ではないといわれるゆえんでしょうか。私はベーシックインカム賛成派ですがベーシックインカム導入してくれないですかね?ベーシックインカムは置いといて、自分でお金を作る方法を模索しましょう。

厚生年金なら、普通に掛けておけば、年間200万円~300万円くらい受給するのはそんなに難しいことではないと思われるので、これくらいあれば贅沢は出来なくても、なんとか生きていけるのではないだろうか。それに、年金物価スライド方式といって、物価が上がった時には、その分受給額も上がるので、それほど心配する必要はないと思う。

 借金があったら国民年金保険料を支払うのも困難、そんな時は?借金が全然減らない・・・解決可能 で即解決!

どちらにせよ、とにかく、「文句を言っても仕方がない、すべて自分の責任だ。」と、しっかり心に刻もう。恐れていては、何も始まらない。「恐れの正体とは、無知であり、恐れている対象を知れば恐怖心は無くなる。」と、何かの本で読んだことがあった。実際、わたしも今まで恐怖に感じていることを本など数冊読むことで、恐怖心は消えた。そのことの大まかの内容が分かれば、後は、おのずと解決策が見えてくる。


何事も不安に思っていてはダメだ。不安ではなく、警戒心をもとう。警戒してれば、どうやればいいか、分かるハズである。ちなみに、このサイトは、日本に住む年金加入者すべての人に有益な情報を提供し、みずから、手続きできるようにくだいて解説していきます。知らなければ、不安に思ってしまう年金ですが、知れば知るほど不安は無くなり、実はお得な制度で、なくてはならない!そんな制度だと私は思います。

私の年収を100倍以上にし、ワクワクの人生をもたらした、500以上の秘訣・ノウハウ

という私も、かつては「年金は掛けても、どうせもらえないだろう。」という、誤った(今では、そう思います。)情報にふり回され、キチンと掛けてこなかった一人です。ですが、そんな私も30歳を過ぎる頃を境に「少し年金の本でも読んでみようか?」と思い立ち、数冊読んでみると、それまでいかに間違った思い込みで年金制度を解釈していたかを思い知りました。そして、知識を得ていく内に不安はなくなっていきました。

課題は、どうすれば、年金はもらえるか?もしくは、「年金は最低限もらえるように掛けといて、自分で事業を起こし別で資産を、いかにつくるか?」と、思うようになりました。 仮に、年金を掛けても将来もらえない様な事態になった時(ないとは思いますが、あくまで仮の話です。)には、日本という国がダメになっている証拠ですので、いくら自分でお金貯めて持っていても、意味はありません。

というか、あなたは自分で「お金を貯めることができますか?」いくら貯めても、物価が上がれば、お金の価値は下がります。ですが、年金の場合は将来物価が上がったとしても、その分受給金額も上がります(これが物価スライド方式です。)ので、心配はいりません。

とにかく、心配せずに警戒しつつ行動するべきです。警戒していれば、どうやればいいか解決策は見えてきます。とにかく、私のおススメは年金の本を読むことです。本を読んで知識を得、警戒しつつ・計画を立てて、実行可能なものから行動に移していく。お金を稼ぐ術を身に付けるのが得策でしょうね。

自分でお金を稼ぐ、これが良いでしょう。このサイトでも年金の事は大まかには分かりますが、世間には年金に関する色々な情報がたくさんありますので、それらを見ることも年金の知識を深める手助けになると思います。


 

 年金.net情報源
 年金は35歳で掛け始めても間に合うか?  年金の種類   年金の繰り下げ受給
 年金は自分で請求しなければならない  厚生年金の基礎知識   年金記録照会
 年金加入は45歳がラストチャンスだが、  厚生年金保険のしくみ    年金額の計算
  国民年金免除申請が通る絶好のタイミングとは?  年金で女性が気を付けたいこと  付加年金について
 年金に生命保険の機能が付いている?  確定拠出年金(401K)  年金だけで暮らすには
 年金財政はなぜ苦しくなっているのか?   個人年金  年金だけで生活費は十分だ!
 遺族厚生年金  厚生年金の算出式  年金は1世帯でいくらもらえるか? 
 公的年金  年金を受給するには?  年金って貯蓄と同じなの?
 国民年金免除制度  障害年金  年金定期便
 年金の額は、どうやって決まるか?  遺族基礎年金  厚生年金とは
 国民年金 免除 国民年金 保険料 国民年金 免除手続き
 遺族基礎年金2 知らないと損する年金のもらい方 年金これだけ心得帖
 イラスト六法 わかりやすい年金 払わずもらえる
国民年金未納マニュアル
年金不安50問50答
 図解 よくわかるすぐわかる年金Q&A 国民年金 学生 免除 年金生活
 老齢基礎年金 年金の所得税 個人年金の税金
 加給年金 年金相談 国民年金 受給
 年金制度 国民年金 厚生年金
 共済年金 公的年金には3つの種類がある 年金は法律によって決められている
 年金の受給権とは? 老齢退職給付 年金の受給資格がない場合は?
 国民年金を有利に受給しよう 厚生年金を有利に受給しよう 在職老齢年金の計算式
 共済年金を有利に受給しよう 老齢給付と失業給付は同時に受給できない 老後の年金は夫婦の合計で考える
 遺族給付を受けるには要件がある 遺族基礎年金の受給内容は? 遺族厚生年金の受給内容は?
 障害給付を受けるには要件がある 障害基礎年金(国民年金)の受給内容は? 障害厚生年金(厚生年金)の受給内容は?
 遺族年金・障害年金と自分の年金を調整する 年金制度改革とは? 専業主婦の第3号被保険者の届出忘れで、老齢基礎年金がもらえなくなる?
 退職共済年金は、
とにかく保障が厚い(熱い=HOT)
年金の任意加入制度を利用しよう 年金分割 離婚時
 年金の受給権を得るには? 年金の受給要件を満たせない場合の対処方法は? 高すぎる健康保険料
 年金 nennkinn 年金のことなら
 年金.net

   
 
  
 携帯 買取 大阪 iphone 買取 大阪  アイフォン 買取 大阪 工具 買取 大阪     携帯 買取 東大阪  金持ち  顔やせ  
 排水 つまり 清掃 排水 つまり 家電 買取 大阪